• ホーム
  • シックハウス症候群の原因と対策!

シックハウス症候群の原因と対策!

近年新築住宅に新たに居を構えた方の中で、目がちかちかしたり咳がとまらない、頭痛やめまい・吐き気に湿疹など、さまざまな症状を呈する病気の存在がクローズアップされるようになりました。それがシックハウス症候群です。その定義を確認しておくと、新築建材の接着剤・家具などに含まれる化学物質が空気中に飛散することで、屋内にいる人が健康被害を受けるというものです。

最近の住宅では空調性能を高める為に気密性のある建材や断熱材を使用することが普及し、高気密化が進んでいます。24時間換気システムが稼動していないと、屋内の空気中の化学物質は常に高い濃度になるので、許容量を超えると健常者でもシックハウス症候群を発症するリスクが高くなります。新築建物でシックハウス症候群との関連が濃厚なのは、建材や家具・接着剤に多く使われるホルムアルデヒドやアセトアルデヒド・トルエンなどです。これらの化学物質は刺激臭があるので、ある程度気づくことが可能ですが、シックハウス症候群には他の原因も関与していることが珍しくありません。

シックハウス症候群の主要な症状は、鼻腔や咽頭などの耳鼻科領域、つまり呼吸に関連する部位で発生する傾向があります。したがって口腔内部や上気道など、呼吸にのって体内に侵入するカビや空気汚染物質(窒素酸化物やPM2.5など)もシックハウス症候群の原因となります。特に年少者は化学物質に敏感で大人の2倍影響を受けやすいとされています。

それではシックハウス症候群になってしまったときの対策にはどのような方法があるのでしょうか。日常生活ですぐに実践できるのは、こまめに換気をすることです。住宅建材に含まれるホルムアルデヒド(接着剤に大量に含まれる)、やラッカー塗料に含まれるトルエンなどは揮発性が高いので、新築後数年ほどの間は常に屋内で揮発し続けることを前提に対策を立てる必要があります。気密性の高い現在の住宅環境では、これまで以上に意識的に換気を行い、化学物質の屋内濃度を低減するように心掛ける必要があります。

この問題は国レベルでも問題になっており、平成15年の建築基準法改正ではシックハウス症候群対策の義務化などが規定されたほどです。そのためホムルアルデヒドなどの使用にも一定の規制がされています。化学物質の吸収・吸着効果の高い備長炭などを設置するのも対策になります。加えてカビ類を除菌することも、シックハウス症候群対策になるでしょう。

関連記事
マイホームの外壁に使う素材は絶対にこだわるべき! 2020年05月19日

家づくりのときに関心をもって決めたいのが外壁です。家の外観を決定づけるだけでなく、防音性や断熱性などの機能性をもつ素材を選べば、家の内部でもより快適な生活が実現します。見た目にはあまりこだわらないとの意見もあるようですが、入居して生活を始めてから後悔するかもしれません。おしゃれな見た目の外壁を選ぶこ...

一条工務店で家を作る!特徴や評判を紹介 2020年03月24日

一条工務店は静岡県浜松市で工務店として創業しましたが、現在では全国展開しており、北海道や東北などの寒冷地域を中心に売上を順調に伸ばしています。業界第7位の規模を誇り、木造住宅に限定すれば第2位の実績を誇るので、もはやハウスメーカーと呼んだほうが実態を表しているといえそうです。寒冷地で人気が高いのは、...

子供を第一に考えた場合の立地条件とは? 2020年04月24日

子どもが産まれたことで、子どもの成長も踏まえてマイホームの購入を決断するファミリーも多いようです。子どもが産まれるというのは大きなライフイベントで、子育てをしながら子どもが成熟した人格をもつ人間となるには、生活の拠点であるマイホームのありようは非常に重要でしょう。家づくりをする時には子ども部屋を作る...

アキュラホームで家を作る!特徴や評判を紹介 2020年04月08日

数あるハウスメーカーのなかでも、アキュラホームはローコスト住宅を重点的に取り扱っていることで有名です。大手のハウスメーカーでは坪単価が概ね60~80万円のレンジで、場合によっては100万円弱に及ぶ場合があるのにひきかえ、アキュラホームでは坪単価は20~50万円程度と、かなりリーズナブルな価格設定にな...

新居を構えるタイミングはいつが最適? 2020年03月05日

ある程度の年齢になると、新居を構えたくなるものです。しかし大きな買い物だけにタイミングをはかるのが難しいとの印象をもつ方も多いのではないでしょうか。年齢や年収で検討する方がいる一方で、家族構成が変化したことを新居購入のきっかけにする人も多いようです。そこで最適の新居を構えるタイミングは、何を目安には...